Thinking Simple Blog

役立つ情報とスポーツをビジネスの観点から

TOEICと簿記は役に立つ?同時取得は可能?疑問にお答えします

f:id:bee-dog:20210413122950p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事では、おすすめの資格として上位にランキングされることの多いTOEICと簿記を紹介します。資格の内容について解説しますよ!

「新たに資格の勉強を始めよう。」と思ってどんな資格が良いか調べると、TOEICと簿記は上位にいることの多い人気資格です。

就職や昇格に有利と言われる資格なので、どちらか選ばず両方の資格を一緒に学習したいと考える人も多いのではないでしょうか?

そんな時に、次のような疑問が浮かぶと思います。

◆ どちらから学習を始める方が良いか?
◆ 両方一緒に学習しても良いか

 

本記事では、これからTOEICと簿記の学習を検討している方に向けて書いています。

 

私が社会人になって初めて取得した資格が簿記3級でした。
その後のステップアップとして、簿記2級、中小企業診断士を取得しました。
TOEICも350点から720点まで伸ばすことができました。

これまでの私の学習の体験を踏まえて、解説していきます。

 

結論から言うと、TOEICと簿記を同時に学習することは可能です。

TOIECと簿記の学習まとめ

◆ 簿記とTOEICの学習を同時に進めることは可能。
◆ 簿記は短期間で結果が出るもので、TOEICは長期間の学習で結果が出る。

それぞれの資格の有効性と、同時に学習して良い理由について解説していきますね。

簿記とはどんな資格?

f:id:bee-dog:20210413161017j:plain

簿記の内容

簿記と言う言葉にあまり馴染みがないかもしれません。
簡単に言うと、企業の家計簿の付け方を学習するのが簿記です。

会社は株主からお金を出してもらったり、銀行からお金を借りて会社を運営します。
お金を出してもらっている人たちに、会社の稼いでいる状況を報告する義務があります。
その報告の為に、会社版の家計簿をつける必要があります。

家庭の家計簿であれば、好きなように管理しても、誰からも文句は言われません。
でも、会社が好きなように作ったら、見る方は正しく理解できないかもしれないですよね。
そういうことがないように、会社版家計簿の付け方にルールがあります。
そのルールに沿って、家計簿をつける手続きの試験が簿記です。

覚える資格と言うより、何度も練習して手続きに慣れて覚える資格です。

英語では、簿記のことをBooking(ブッキング)と言います。
これが「ボキ」に聞こえて、「簿記」となった説や「帳簿に記す」から簿記となった説などがあります。

 

毎年3月~4月に決算発表のニュースが報道されますよね。
あれは、会社版家計簿をまとめた結果を発表するものです。

大企業がニュースになりますが、大きさに関係なく会社版家計簿はどんな会社にも必要です。

簿記の試験内容

簿記は3級から1級まであります。

簿記3級は、国内だけで頑張っている小さな会社やお店のルールを覚えます。

簿記2級になると、工場を持っている会社や海外と取引のある会社のルールを覚えます

簿記1級は、簿記2級から更に細かいルールや用語を覚える必要が出てきます。

合格点は100点のうち70点で、合格率は次のようになっています。

f:id:bee-dog:20210413154846p:plain

おすすめの級と学習時間

更に専門性を高めたい人は簿記1級を目指すのも良いです。

そうでなければ、簿記2級まで取得することで、会社に関する一般的な会計知識を身に付けることができます。

目安となりますが、簿記3級が100~150時間、簿記2級が200~250時間の学習時間が必要です。

おすすめの教材

簿記3級であれば、独学でも可能です。
問題集で基礎知識を付けて、過去問を繰り返せば十分合格点を取ることが可能です。
独学で勉強するのなら、次の2冊で十分です。

【知識を習得するための問題集】

大原で合格る日商簿記3級<第2版>

大原で合格る日商簿記3級<第2版>

 

【試験に慣れる為の問題集】

日商簿記3級 過去問題集 2021年版

日商簿記3級 過去問題集 2021年版

 

簿記2級は独学も可能だと思いますが、難しい用語もあったりするので専門学校を利用することをおすすめします。

専門学校に通う場合は、簿記3級と2級がセットになって価格が安くなる講座もあるので、簿記3級と2級をセットで受ける方が良いかもしれません。

私は、資格の大原の講座を受けました。
大原簿記学校と言うこともあって、経理系の講座には強い学校です。
自習室もあるので、家で勉強が苦手な人にもおすすめです。

こちらを参考にしてみて下さい。

簿記3級 | 資格の大原 社会人講座

簿記合格の後にステップアップする試験

簿記2級まで取得後に、専門性を高めるのであれば簿記1級取得を目指すのが良いです。簿記1級に合格することで、税理士や公認会計士の資格にチャレンジできます。

会社経営の広い知識を得るということであれば、中小企業診断士を目指すのも良いと思います。
個人的には、中小企業診断士はかなりおすすめです。

様々な資格を取りましたが、取得までよりも取得してからの方が楽しい資格は中小企業診断士だけでした。
興味ある方は、是非検討してみて下さいね。

TOEICとはどんな資格?

f:id:bee-dog:20210413161036j:plain

TOEICの試験内容

英語の試験で、TOEICを聞いたことがある人は多いと思います。
TOEICには2種類のテストがあります。

◆ リスニングとリーディングのテスト:TOEIC listening & Reading Test」
◆ スピーキングとライティングをテスト:TOEIC Speaking & Writing Test」

一般的にTOEICのテストというと「TOEIC listening & Reading Test」を指します。
その名前の通り、約45分がリスニング、75分がリーディングのテストです。

TOEICには、合格・不合格の考え方はありません。

リスニング495点、リーディング495点の合計990点で、何点取れたのかが結果として返されます。

その点数によって、一般的に次のような評価がされています。

f:id:bee-dog:20210412165010p:plain

目指したい点数と学習時間

合否がない試験なので、目標のレベルを決めて学習することになります。

就職や転職に有利になるのは600点以上となります。
目標として600点以上を設定したいですね。

評価される点数については、こちらの記事にまとめているので、参考にして下さい。
⇒ TOEICで高い点数を取ったら自慢できる?評価される点数を紹介します

目安になりますが、TOEICは100点あげるのに200時間から250時間程度必要です。
200点上げるためには、400時間~500時間が必要となります。

おすすめの教材

英語が苦手ならば、参考書を買って始める方法が良いと思います。
学習のリズムを作る為に、通信教育で学習する方法も効果的です。

実際に、私が350点から720点に上げる為に利用した参考書と通信講座の記事をまとめているので参考にして下さい。

◆ 英語が苦手でもTOEICで500点を取る為におすすめの参考書
◆ 外資系で働く僕がアルクのTOEIC通信講座を実際に使ってみた評価

幅を広げる資格(英会話)

TOEICは、英語の基礎知識をつけるのには最適です。
しかし、話すことや書くためのトレーニングが出来ていないので、英語で会話をすることは難しいです。

仕事や海外旅行で、英語を話してみたいという方には、英会話がおすすめです。
おすすめのオンライン英会話の記事は、こちらを参考にしてみて下さい。
⇒ ビジネスでも英語を使いたい初心者におすすめのオンライン英会話5選

簿記とTOEICの共通点

2つの資格は、内容は全く異なります。
でも、仕事のベースを広げる資格と言う意味では共通しています。

簿記は、経理だけに必要な資格と思われがちですが、そんなことはありません。
簿記を知ることで決算書を読むことができるようになります。

決算書を読めるようになることで、社会の状況を知ることができますし、自分が役職者になって管理するようになれば必要となる知識です。

仕事を数字でとらえることができるのは、大きな強みになります。

簿記だけで何かすごいことができるようになるか?というと、そうではないのですが、働く上でのベースアップをしてくれることは間違いのない資格です。

TOEICも同じように、今の仕事と掛け合わせることで大きな武器になります。

「周りに外国人はいないし、仕事で使わないよ」と言う人もいると思います。
でも、英語が出来ることで国内の情報しか集められなかったのが、海外からも情報を集められるなど、自分の仕事に幅を与えてくれます。

資格取得後の使い方は、たくさんあります。
自分の仕事のステージを1段上げて、可能性を広げることができます。
TOEICと簿記はおすすめです。

2つ同時にやった方が良い理由

f:id:bee-dog:20210411204459j:plain

学習は一緒に始めてしまって大丈夫です。

どちらかに集中した方が良いという方もいるかもしれません。
簿記のテストが近くなったら、簿記だけ集中することはあっても、私は両方同時に始めた方が良いと思います。

それは、資格取得の学習と同時に、学習計画を立てる訓練にもなるからです。
TOEICも簿記も取りたいと考えている人は、自分を磨くことに意識が高い人だと思います。

そういった方は、今後も新たな資格にチャレンジしようと考える可能性が高いです。

上位の資格になればなるほど、1つの科目に集中することはできません。
複数の科目を同時に学習しないといけない時がやってくるのです。

複数の資格でも計画的に学習していく訓練が役に立つ時が来ます。。
難しいと思えば、そこでどちらかを一度、止めればよいだけです。

最初から無理と考えず、チャレンジしてみる価値はあると思います。

簿記の後にTOEICを受けようと思っていて、簿記の試験に不合格だった場合、TOEICの学習はさらに先に延びてしまいます。

同時に学習することは、そういったリスクも防ぐことができます。

TOEICと簿記の資格のまとめ

いかがでしたでしょうか?
簿記もTOEICも、社会人にとっては有効な資格です。
また、どんな仕事をするかに関係なく活用できます。

 

両方とも、毎日少しずつ学習して訓練すれば必ず取れる資格なので、是非チャレンジしてみて下さいね

 

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

【実体験】TOEIC400点、英語が苦手でも始められる勉強法

f:id:bee-dog:20210412164741p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事では、TOEICの点数が400点の方の勉強方法について、紹介します。
学習する上でポイントとなることを私の体験を踏まえて紹介していきますよ!

英語を話せるようになりたいからTOEICの勉強を始めようと考える人は多いですよね。しかし、勉強は始めたいのだけれど、何から始めたら良いのか分からないと悩んでいる人もいると思います

TOEICは人気の試験なので参考書もたくさん出版されていますし、スマホのアプリもあります。しかし、逆に選択肢が多くてどれを選べば良いのか分かりません。

私がTOEICを社会人になって初めて受けた時の点数は、350点でした。
今でこそ720点まで上がり、どのように勉強したらよいのか分かりますが、最初は何をすればよいのか分かりませんでした。

◆ 自分のレベルだとどの参考書が良いのだろう?
◆ 単語や文法も必要だろうし、リーディングや長文問題の対策も必要みたい。
何から手を付ければ良いのだろう?

本記事では、同じような悩みを持つ社会人の方に向けて、勉強のステップや自分の経験からおすすめできる参考書を紹介します。 

学生の頃に英語が嫌いで、社会人になって受けたTOEICが350点だった私でも、学習することで720点取ることができ、外資系に転職することもできました。

英語には特別な才能は必要なく、必要な内容を丁寧に学習することで誰でも話せるようになります。


英語の苦手な方が、本記事を読んで最初の一歩を踏み出して頂けると嬉しいです。

TOEIC 400点の人の特徴

今の自分を知るという事で、400点はどんなレベルにあるか確認してみましょう。

TOEICのスコアと評価

TOEICを日本で運営しているIIBCでは、次のように定義されています。
400点は、レベルDに該当します。

最低限のコミュニケーションができるレベルです。
「簡単な意思を伝えることはできるけど、会話するには学習が必要だよ」ということですね。

f:id:bee-dog:20210412165010p:plain

出典元:IIBC レベル別評価の一覧表より

 

学習を始めるにあたり、目標を持つことは重要です。
最終目標はレベルAやBを目指すことで良いのですが、まずは近くの目標として500点を目指してみましょう。

身近な点数を目指すことで学習計画が立てやすくなるからです。

TOEICのスコアの順位

TOEICのサイトから2021年2月28日に実施された試験の結果をグラフにしました。
どの試験の結果もある程度は、同じ分布になります。

グラフは棒グラフが人数、折れ線グラフが受験者数全体の割合を表しています。
400点の点数は全体の9.5%に入ることが分かりますね。

f:id:bee-dog:20210412165056p:plain

出典元:IIBC TOEIC公式データ・資料より作成

これが、TOEIC400点の立ち位置です。
悲観することなんて何もないですよ。

誰だって、最初から高得点を取れているわけではないのです。
TOEICのアンケートから、日本の受験者数の78%が過去に試験を受けていることが分かっています。

誰もが、何度も学習し試験を受けています。
裏を返せば、学習を続けることで、500点以上は狙えることが分かって頂けると思います。

点数アップに必要な時間

勉強時間としては、どの程度必要になるかというと、OXFORD大学が先生向けにTOEICに関するガイドの中でこんなデータを出しています。

今の点数が350点で目標点数が550点の場合、450時間の学習時間が必要です。
目安として、100点あげる為に200時間必要と考えてよいと思います。

f:id:bee-dog:20210412165134p:plain

自分の体感としても、350点から500点に上げるまでに、1日1時間の学習(土日なし)で1年かかりました。結果としても、それほど違和感はないかなと思います。

この時間を見てどう思われますか?
100点上げるのに、こんなに時間が必要なのか?とびっくりされたのではないでしょうか?

このOXFORDの資料の中にも、短期間で成果が出ると考えている生徒が多いことが問題だと述べられています。

先ずは、TOEICは短期集中で頑張る試験ではなく、長期戦であることを意識する必要があります。
この記事に、興味がある方はこちらから読んでみて下さい。

https://elt.oup.com/elt/students/exams/pdf/elt/toeic_teachers_guide_international.pdf

英文なので翻訳アプリを使っても大丈夫です。
※無料の翻訳アプリはこちらがおすすめです。

⇒ 英語学習におすすめの翻訳アプリ

学習を習慣化することが大事

200時間の学習と聞いて、学生の頃の勉強を思い出し「あれをずっと続けるのは無理だぁ…」と思ってしまうかもしれません。

でも、そうではありません。

勉強というより英語を話す訓練を毎日少しずつ行うイメージを持つ方が正しいです。
最初は、苦手な英語を勉強することには、気力が入ることは間違いありません。
でも、英語学習を習慣化することができればストレスはなくなります。

英語を勉強し始めると、今までの生活では全く気付いていなかった英語が、頭に飛び込んでくる楽しさも出てきます。

苦痛に感じるのは最初だけです。
英語を頑張ろうと思った最初の自分の気持ちを大切にして、先ずは3ヵ月がんばりましょう。

難しいことに取り組むので、最初は1時間から始めるのが良いです。
慣れてきたら、調子が良い時は2時間頑張ってみましょう。

毎日やる必要もないです。
平日頑張ったら、土日は休むでもOKです。

大事なのは、短期的に勉強時間を増やす事ではありません。
500点を達成するまでは、学習を続けることを習慣化することです。

1ヵ月で100時間の勉強時間を達成するよりも、3ヵ月で70時間の勉強時間を達成することの方が重要と考えて下さい。

500点を超えると学習に対する自信もうまれ、勉強時間は自然と増やせます。

具体的に勉強は何から始めればよいのか?

f:id:bee-dog:20210412173120j:plain

具体的には、勉強を進める方法について紹介していきます。

私のおすすめは、最初は参考書で入り、慣れてきたら通信講座に移るという方法です。
「英語学習するぞ」で通信講座や有料の英語学習アプリを使うと、それなりの費用が発生します。

お金を払う事でやめられないというストレスをかけてしまったり、登録した事だけでやった気分になってしまうのが人間です。

学習初期段階では、お金をかけずに始められる参考書の利用をおすすめします。
私が学習する中で利用した参考書で、最初に利用すると良い参考書をまとめていますので、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
⇒英語が苦手でもTOEICで500点を取る為におすすめの参考書

最初に紹介したテキストで2ヵ月~3ヵ月かかると思います。
参考書が終わったところで、通信講座に入ります。

通信講座は、レベルに合った内容を効率的に学べることと、学習を習慣化させるためのノウハウが詰め込まれているので学習を定着させていくことができます。

学習も少し慣れてきたところで、通信講座を始めることでワクワク感も生れて気持ちを継続しやすくすることができます。

私はアルクの教材を使っていました。
こちらも記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。
⇒外資系で働く僕がアルクのTOEIC通信講座を実際に使ってみた評価

500点を超えるあたりになってくると、自分の学習パターンが出来上がってきていると思うので、通信講座からスマホのアプリに変更するのも1つの方法かなと思います。

この辺りは、好みによって分かれてくると思います。
私は、スタディサプリを利用していますが、通信講座の方が良い人は、そのまま継続も良いと思います。

TOEICの点数が500点を超えて、学習が習慣化されてくればスタディサプリがおすすめです。
リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

 

TOEICの勉強目的が英語を話す事であるのならば、英会話も検討しましょう。
私は、ビジネスで英語を利用することが目標だったので、TOEICで730点取ったら、TOEICの勉強を辞めて、英会話を始めると決めていました。

730点まで待たなくても、もっと早くから始めておけばよかったです。
600点ぐらいから、TOEICの学習と並行して英会話を始めても良いと思います。

英会話を始めるなら、価格も安くて予約時間に幅のある、オンライン英会話がおすすめです。
ビジネスで英会話を利用することを目的とした場合のおすすめの英会話スクールをまとめていますので、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
⇒ビジネスでも英語を使いたい初心者におすすめのオンライン英会話5選

英語が苦手でも始められる勉強法まとめ

f:id:bee-dog:20210411204459j:plain

「短期集中で1日5時間学習して、1ヵ月で150時間勉強する」という目標を立てて、達成できるような人であれば素晴らしいと思います。

私自身は、仕事のことを考えると、1日2時間の確保が限界でした。
私と同じように、1日1時間、頑張っても2時間程度の学習で精いっぱいの人も多いと思います。

でも、継続していれば9年かけて350点から720点まで上げることができました。
その間に、外資系企業への転職もしました。

就職や昇格などで短い期間で点数を伸ばす必要がある人は、それがモチベーションになります。

しかし、そうでなければ、趣味を楽しむように勉強していく方法が良いと思います。

TOEICの試験は、他の資格試験と違って合格・不合格のある試験ではありません。
少しずつ自分の成長を感じられる面白い試験だと思います。

学習を進めるうちに、次のような経験ができると思います。

◆ デザインにしか見えなかったアルファベットが意味をもつ言葉として飛び込んでくる
◆ 字幕の洋画を見ていて、理解できる英文が飛び込んでくるようになった

日々の生活の中でちょっとした変化を感じることができます。
そうした少しずつ成長する自分に気づきながら勉強することが、学習を習慣化させるポイントです。

英語学習を定着化し、すこしずつ成長していきましょう。
何より、英語学習を楽しむ気持ちを持ちましょう。

 

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

外資系で働く僕がアルクのTOEIC通信講座を実際に使ってみた評価

f:id:bee-dog:20210411190306p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事では、英語学習で有名なアルクの通信講座をご紹介します。
口コミなどのアルクの客観的評価と実際に利用して感じた感想をまとめています。
検討している方は、是非参考にしてみて下さいね! 

日本の中でも英語学習の必要性が高まってきています。
分かりやすく解説されている参考書もたくさん出版されていますし、優秀なスマホのアプリもたくさんあります。
そんな中で、次のように思う人もいるかもしれません。

通信教育で効果はあるだろうか?
参考書を買うか、スマホのアプリを使った方が便利じゃないか?

でも、参考書やスマホアプリにはない通信講座ならではのメリットもあるのです。

本記事は、TOEICの学習に通信講座を検討している方に向けて書いています。

結論から言うと通信教育には、「参考書やスマホのアプリにはない」良さがあります。
通信講座を利用することには2つのメリットがあります。

通信講座のメリット◆ 自分の点数に合った効果的な学習ができる
◆ 英語学習を習慣化することができる

通信講座は、「これから英語学習始めるぞ」と言う人に特に向いています。
中でも、昔から英語学習の教材に定評のあるアルクの通信講座はおすすめです。

私は10年ほど英語学習を続けていますが、学習を始めた最初の頃にアルクの通信教育を利用しました。

私が受けた頃と少し名前が変わっていますが、600点コース、700点コースと、ヒアリングマラソンも利用したことがあります。

利用した経験も踏まえて、通信講座との良い所、その中でアルクがおすすめの理由について、解説していきます。

英語学習で通信教育を考えている人の参考になればうれしいです。

通信講座が良い理由

f:id:bee-dog:20210411204341j:plain

仕事が忙しかったり、体調が悪くて何日か勉強できない日もあります。
学習が習慣化されていれば、元の日常生活が戻った時に、勉強することも同じようにいつものペースに戻すことができます。

しかし、学習に慣れていない状態で1度リズムが崩れると、元に戻すのは困難です。
気付くと何日も学習を忘れていて、モチベーションも上げられず勉強を辞めてしまうこともあります。

通信講座の場合は、毎月1度は教材が郵送されてくるので、やることを忘れることがなくなります。

もし、うまく学習ができない月があったとしても、教材が送られてくるタイミングでリセットして、もう1度頑張るチャンスを作ることができます。

 

英語の学習は、短期間で身に付くことではありません。
ある程度の期間、継続的に学習することが必要となります。

学習を習慣化するということが最初に達成しないといけない目標になります。

通信講座には、受講者を脱落させることなく通信教育を受けてもらうためのノウハウをたくさん持っています。
まずは、学習の習慣化の為に利用するだけでも通信講座を使う価値があります。

 

私は20年間、英語以外にも学習を継続しています。
20年間のモチベーションを保つ方法も紹介していますので、気になる方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
⇒ 20年間勉強を続けている経験から解説、英語学習のモチベーション維持法

通信講座はアルクが良い5つの理由

英語に関する通信講座は、たくさんありますが、1番のおすすめはアルクTOEICテスト通信講座です。

私も英語学習を始めの時は、アルクの通信講座を使いました。
600点コース⇒700点コース⇒ヒアリングマラソンの順で利用しています。

ただ、自分のレベルに合った500点コースから始めた方が良かったかな、と今になって思います。
ちょっと背伸びをしてしまいました。

選択したコースで反省点はあるものの、アルクで勉強を始めて良かったと思っています。

当時を振り返りながら、アルクの良かった所をまとめていきます。
評価の前に、当時の私の悩みと状況は、次のようなものでした。

当時の私の状況
TOEICは350点で英語は苦手。でも、何とか英語を話せるようになりたい
◆ 600点を目指したいけど、何から始めればよいか分からない
◆ 1日どのぐらい勉強すれば良いのかわからない
◆ 英語を頑張りたい気持ちはあるが、3日坊主になりやすい

このような状態で、実際にアルクの通信講座を使ってみての感想です。

カリキュラムで毎日の「やるべきこと」が分かりやすい

ただ教材が送られてくるだけではなく、カリキュラムが組まれています。
その為、カリキュラムに沿って「毎日やること」が分かります。

本屋さんで買った参考書だと、その日の調子によってたくさん勉強したり、全くできなかったり、勉強の質のムラが出ていしまいます。

でも、アルクの通信講座は1日の勉強量が決まるので、英語を勉強する量が一定になり、勉強するリズムが出きました。

気分が乗れば、それ以上に勉強することもありました。
逆に気分が乗らない時も、最低限、今日やらなくてはいけないことを終わらせようと頑張ることができました。

レベルに合った内容の講座を選べる

TOEICテストの受験生には、私のように、先ずは500点を目指したい人もいれば、英語が得意で800点⇒900点に伸ばそうとする人もいます。
同じ問題で試験を受けているのに、ゴールが違います。

テストの問題の中には、500点を目指す人が正解しないといけない問題もあれば、900点を目指す人が正解しないといけない問題もあります。

つまり、目指す点数によって重点的に学習する内容は異なってくるということです。
そこが、アルクはきめ細かくできています。

テキストの内容が難しすぎるということなく、無理なく消化していくことができました。

点数別に講座が分かれているので、自分の今の点数から+100点の講座を受けると良いと思います。

個人的に使ってみた反省点から、400点以下の人は無理をせずに、500点の講座から始めるのがちょうど良いです。

f:id:bee-dog:20210407130731p:plain

学習支援サイトで学習の計画や記録を管理できる

通信講座の受講生をサポートする専用サイト(テストコ)が用意されています。
そのサイトの中で、学習プランの計画と結果の記録をすることができます。

学習の習慣化において、計画(目標)を立てること、記録をすることは本当に重要なことです。
私は、アルクの通信講座を通じて、大事さを知ることができました。
今でも学習をする時は、計画と実績の管理を忘れないでしています。

これが、長期にわたって継続を習慣化できる重要なポイントです。

テストの結果がすぐにわかる

1ヵ月の学習を終えた後に、学習の成果を確認する為の「マンスリーテスト」と、講座を終えた後にTOEICの試験と同形式の「ファイナルテスト」があります。

どちらも、アルクに返送して結果を待つことになります。

でも、テストを受けたら結果を早く知りたいですよね
通信講座は、試験を受けたタイミングと結果のタイムラグが弱い所でしたが、学習支援サイトのテストコに結果を入力することで、得点を確認することができました。

受けてすぐに結果が分かるので、復習もやりやすいです。

学習のサポートがある

参考書やスマホアプリでは、疑問に思うことがあっても相談することができません。

アルクの通信講座は、学習支援アドバイザーの資格を持つ担当者から、テキストの内容や学習方法についての相談に答えてもらえます。

教材自体も丁寧な作りで分かりやすいですが、勉強の仕方が合っているのかどうかなど、心配ごとや確認したい事がたくさん出てきます。

分からないことはサポートを利用することで、疑問点が解消できます。

不要な不安や疑問からくるストレスは、英語学習を習慣化することに対する大きな壁となるので、それを排除できる所は、本当に助かります。 

おすすめの教材

先ほども少し触れましたが、350点が700点を目指すからと言って、700点の教材を選ぶべきではないです。

内容が難しいとやる気がなくなってしまうからです。

最初は、過度なストレスがかからない、ちょっとだけ上のレベルがおすすめです。
自分の得点+100点の教材、400点以下の場合であれば、500点の教材から始めましょう。

TOEICの学習用にヒアリングマラソンをされている方もいらっしゃいます。
ヒアリングマラソンTOEICの役に立ちますが、効果的なのはTOEIC専用の教材です。

ヒアリングマラソンの教材には、旬のニュースだったりビジネス関係だったり、様々な内容が含まれています。

個人的には、英語学習が習慣化され、自分のやるべきことが整理されてからの方が良いと思いました。

通信講座の流れ

通信講座は、インターネットから簡単に申し込むことができます。
申し込み以降は、定期的に毎月教材が郵送されます。

教材の中にカリキュラムが含まれているので、そのカリキュラムに従って学習を進めていきます。

1ヵ月の学習の成果を確認する「マンスリーテスト」と、全ての学習が終わった後に「ファイナルテスト」で、学習結果を確認します。

やり方も含めて、テキストに掲載されているので、迷うことはないと思います。
分からないことがあれば、テストコを通して、質問をすることも出来ます

紹介まとめ

英語自体もそうですが、習慣化するノウハウを得られてからこそ、今でも英語学習が続けられていると思っています。

TOEICの学習で、スクールに通うのにはお金もかかるし、かといってテキストだけでは勉強の仕方が分からなくて不安と言う方も多いと思います。

通信講座は、その間のいいとこ取りのサービスになるので、使い勝手が良いです。

自分の経験からも、特に英語初心者にはお勧めです。
スムーズに英語学習に入っていくには、最適なので是非検討してみて下さいね

 

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

試験の申し込みと結果を見るだけじゃない。TOEIC公式サイトの活用法

f:id:bee-dog:20210409162842p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事では、TOEICの公式サイトについて紹介します。
知っているようで知らないTOEIC公式サイトの活用方法について紹介しますよ!

TOEICの公式サイトをしっかり見たことがありますか?
TOEICの参考書やアプリはよく知っていても、次のような人は多いと思います。

TOEICの公式サイトは見たことがない。
TOEICの公式サイトを見るのは、試験を申し込みの時ぐらいかな。

これでは、もったいないです。

本記事では、これまでTOEICの公式サイトを見たことがない人に向けて、公式サイトの活用方法についてご紹介します。


英語学習において、TOEICは多くの人が知っている有名な試験です。

TOEICで高得点を取る為に、参考書やアプリを調べる人は多いと思います。
でも、意外にTOEICの公式サイトをしっかり見ている人は少ないのではないでしょうか?

公式サイトにも為になる情報がたくさんありますよ。順番に紹介していきますね!

試験の日程を確認と申し込みができる

これは試験を受ける方なら使われていると思います。
TOEICの年間の試験スケジュールの確認と試験の申し込みが出来ます。

TOEICの試験は、自分の実力を知る為に、定期的に受ける方が良いと思います。
試験を受けた1年後の同月から3ヵ月間に実施したテストに申し込むと、リピート受験割引が適用されます。

2021年10月より受験料も上がりますし、この割引が適用される期間を狙って受験するのが良いと思います。 

料金改定の詳細は、TOEICの公式サイトを確認してみて下さい。

公式サイト:TOEIC Listening & Reading公開テスト 受験料改定のお知らせ

f:id:bee-dog:20210409135007p:plain

試験の結果を見る

TOEICの試験結果は、約1ヵ月後に試験後30日以内に本人宛に親展封筒で届きます。
詳細結果は封筒が届くのを待たないといけませんが、自分の点数だけであれば17日後からホームページで確認が出来るようになります。

点数だけでも早く知りたいですよね。
過去の自分の受けた受験履歴も参照できるので便利です。

※インターネットで申し込み時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にしないと結果が見れないので、忘れずに設定しておきましょう。

自己学習に役立つ情報の紹介

TOIECには、様々なおすすめの参考書がありますが、本番に近い問題になれるのならば、公式問題集が最適です。
TOEICの公式教材を使った効果的な学習方法について、3人の講師が解説されています。

◆ 「公式TOEIC L&R プラクティス」を使った学習法
NHKの「おもてなしの基礎英語」に出演されていた井上逸兵先生

◆ 「TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック」を活用した効果的な学習法
東進ハイスクールでおなじみの安河内哲也先生

◆ 「公式TOEIC L&R問題集」の効果的な使い方
TOEIC普及する国際コミュニケーションズに在籍されていた千田 潤一先生

どれもTOEICを勉強する上で、とても参考になります。
公式テキストを使っていなくても役に立つことが紹介されているので、是非、一度参考にしてみて下さい。

公式教材・問題集|【公式】TOEIC Program|IIBC

スコア活用のための目標設定お助けツール

TOEICの点数を目標にする時に、取った点数によって、具体的にどんなことができるようになるのかイメージするのが難しいと思います。
その時に、お助けツールを使えば、具体的なイメージが出来るようになります。
ツールには2つの使い方があります。

得点別の出来ることをチェックする

今の点数と目標にする点数で、具体的にどんなことができるようになるのかを表示してくれる機能です。

左に現在のTOEICの点数を選択し、右に目標の点数を選択して、「できること」を表示するをクリックします。

f:id:bee-dog:20210409140756p:plain

そうすると、ListeningとReadingで何が出来るようになるのかが分かります。
例えば、Listeningでは、700点~795点になると目的地までの道順を理解できるようになることが分かります。

f:id:bee-dog:20210409141024p:plain


Readingの場合は、400点~495点でも看板は理解できたけど、700点~795点になれば電車やバス、飛行機の時刻表も問題なくできるようになることが分かります。

f:id:bee-dog:20210409141147p:plain

これは、一部を切り取っただけなので、実際に試してみて下さいね。

こちらから、アクセスしてみて下さい。

現在と目標の比較|目標設定お助けツール|【公式】TOEIC Program|IIBC

「できるようになりたいこと」から目標のスコアを設定する

英語を使って「こうなりたい」具体的な目標がある場合は、こちらを使うと必要な点数をチェックすることができます。
ビジネスのシーンとして、3つから選択可能です。
◆ 国内基礎業務
◆ 海外出張業務
◆ 海外駐在業務

例えば、「海外出張業務」の場合でアンケート形式で回答していきます。

f:id:bee-dog:20210409141318p:plain

そうすると、必要な点数を確認することができます。

f:id:bee-dog:20210409141339p:plain

具体的な目標があるけどTOEICの必要な点数が分からない場合は、こちらから目標設定を考えることができます。
自分のやりたいことや目標から、具体的な目標点数を出してみましょう。

こちらから、アクセスしてみて下さい。

目標設定お助けツール|【公式】TOEIC Program|IIBC

TOEICや英語に関する公式データが見える

f:id:bee-dog:20210409160857j:plain

様々な情報がTOEICの公式サイトに公開されています。
自分の受けた回のテストの詳細も知りたいですよね。
平均点や点数の分布が公式サイトから確認できますよ。

 

また、業種別の新入社員の業種、文型理系などの区分のデータも公開されています。
英語活用に関する企業の考えや求める点数などを調査した英語活用実態調査も興味深いです。

TOEICは、日本だけでなく世界中で行われていますから、グローバルで収集された情報も面白いですよ。

過去にTOEICの試験を受けた受験者は、ベルギーやインドではしかありませんが、日本は78%もあるそうです。リピート率がすごいですね。
こういったTOEICの関する情報に目を通しておくのも良いと思います。

こちらから、アクセスしてみて下さい。

公式データ・資料|【公式】TOEIC Program|IIBC


スマートフォン用無料アプリ(English Upgrader)

TOEIC公式のスマートフォンアプリがあることをご存じですか?

ポッドキャストTOEIC presents English Upgrader」で提供している全てのエピソードの学習が可能です。

リスニングを聞いて問題に回答する練習や解説を聞くことができます。

試験関連の情報も入手が可能ですよ。

是非、スマートフォンにダウンロードしてみて下さい。
アプリに関する情報は、こちらから確認できます。

スマートフォンアプリ|English Upgrader+|【公式】TOEIC Program|IIBC

 

TOEIC公式サイトの活用法まとめ

TOEICの公式サイトの活用方法、いかがでしたか?

TOEICの公式サイトにも、学習に必要なこと、英語に関する情報が色々と用意されていることが分かったと思います。

この記事の中では紹介しきれなかった活用ツールもあります。

テストの申込だけでなく、公式サイトも活用して下さいね。

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

 

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

ちょっとしたTOECマークシートの塗り方・塗るタイミングのコツ

f:id:bee-dog:20210408074815p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事ではTOEICマークシートの塗り方や塗るタイミングについて紹介します。
慌てず・間違えずに確実に塗る手順を覚えましょう。

 

マークシートは様々な所で使われています。

何度も塗った経験が誰にでもあると思います。
しかし、TOEICの試験のマークシートを塗るのは焦りますよね。

 

本記事では、マークシートを塗るタイミング、塗り方について紹介していきます。
ケアレスミスをしないようにマークシートの塗り方をマスターしていきましょう。

結論から言うとおすすめの塗り方は、次のようになります。

マークシートの塗り方のコツ◆ リスニング
回答中はチェックだけにし、リスニングの終了時にまとめて塗る
◆ リーディング
回答時にそれぞれマークする

詳細を紹介していきますね。

マークシートの塗り方(リスニング偏)

まず、リスニングの塗り方についてです。
リスニングは、問題がどんどん読まれていくので、テンポよく回答していくことが重要になります。

マークシートの塗り方で手間取ってリズムが崩れないように、簡単にマークしておいて後からきれいに塗りましょう。

リスニングを聞いて回答を選ぶPART1・2と問題用紙から選ぶPART3・4では、やり方が少し異なります。

PART1,PART2

今の獲得できている点数によって、少しだけ手順が変わるので手順を見ながら参考にしてくださいね。

◆ 600点以下の場合

① 問題を聞いている間は、シャーペンの先を「A」の上に置く

② 「A」の回答が違えば、シャーペンの先を「B」に移動
「A」が正解であれば、シャーペンの先を「A」から移動しない

③ 同様に、正しくなければシャーペンの先を移動し、正しければそのマークの上に置く

④ 全部の回答を聞き、最後に置かれていたシャーペンの先のマークを軽く塗る

マークは、後からしっかり塗るので、回答中は軽く塗っておけば大丈夫です。

ペン先を順番に移動するのは、どの回答が正解か忘れないようにする為です。
点数が高くない頃は、回答を聞いている間にどれが正解だったか忘れてしまう事があります。

それを防ぐために、ペン先を回答において忘れてしまうことを防止します。
TOEICはメモ書きが禁止なので、こういった方法をとります。


また、600点以下の場合は、聞き間違いをすることもよくあります。
途中で判断するよりは、全部聞いてから回答を判断した方が、確実に点数を取れます。

◆ 600点以上の場合

① 問題を聞いている間は、シャーペンの先を「A」の上に置く

② 「A」の回答が違えば、シャーペンの先を「B」に移動
「A」が正解であれば、マークを軽く塗って次の問題の準備

600点以上になると、リスニングもしっかり判断できる問題も多くなるので、確実に正解だと分かったらマークをして次の問題の準備をしましょう。
自信がなければ、600点以下の方法と同じ要領で確認します。

f:id:bee-dog:20210408083348j:plain

PART3,PART4

問題文を聞き、回答が分かったら軽く塗っておきます。

PART3と4は、とにかく回答するリズムが大事です。
分からなかったら、その問題はあきらめた方が良いです。

回答のリズムが崩れないように、マークも軽く塗っておきます。

PART4が終わった段階で、軽く塗っておいたPART1~PART4までをしっかり塗ります。

マークシートの塗り方(リーディング偏)

こちらは、解いた問題からしっかり塗っていきます。
リーディングは、最後時間が足りなくなることが多いと思います。

しっかり塗っていないと、気持ちに焦りも出てきてしまうので、1つ1つ塗りながら解き進めていきましょう。

普段からマークシートに慣れておく

学習しているときは、マークシートを使わずに解いていることも多いと思います。
アプリを使っていたりすると、シャーペンすら持たないですよね。

たまには本番と同じようにマークシートに回答する練習するのも良いかなと思います。

WebでTOEIC用のマークシートがダウンロードできるサイトがあります。
プリントアウトして活用しましょう。

私は、こちらのサイトからダウンロードさせて頂いています。

トイグル様サイト:TOEIC解答用紙の無料ダウンロード【PDF】

マークシートを塗りやすいシャーペンを使う

TOEICの試験は、鉛筆とシャーペンどちらも使えますが、折れた時のことを考えるとシャーペンの方が安全です。

シャーペンは、マークシート専用の太いものがあるので、こちらがおすすめです。

雑学(マークシートの判定について)

マークシートに入力した内容は、どのように読み取っているか知っていますか?
マークシートの読み取り機(OMR)は、鉛筆やシャーペンで塗られた炭素に反応して読み取ります。

消しゴムで消しても炭素が残ってしまいますが、濃淡を16段階で判断できるので、消したマークは間違って読み取られないそうです。

ある程度塗ってあれば、回答を読み取られないという心配もなさそうですね。

マークシートの塗り方まとめ

f:id:bee-dog:20210325082217j:plain

時間を少しでも稼ぐために、マークシートの塗り方も節約したくなります。

でも、全部足してもマークシートを塗っている時間は、5分程度です。
がんばっても、5分しか短縮できないのです。

時間が足りないのは、まだまだ英語力が足りてないという事だと思います。
地道に英語の勉強を頑張っていきましょう

 

最近は、TOEIC対策のアプリも充実してきました。
効率的な勉強をするのには、スタディサプリがおすすめです。
私も長年、活用しています。
⇒ TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH  

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

TOEICで高い点数を取ったら自慢できる?評価される点数を紹介します

f:id:bee-dog:20210407112854p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

TOEICで高得点を取ったら自慢したくなりますよね。
評価されるTOEICの点数について紹介していきますよ。

TOEICの勉強をするのだから成果が出たら自慢したいし、評価もされたいですよね。
頑張ってきたことを認められたいと思うのは、当然のことだと思います。

 

でも、TOEICは、合格・不合格が出る資格ではありません。
こんな疑問を持つ方も多いと思います。

TOEICの点数は、何点取ったら自慢して良いのだろう?
TOEICの点数が評価されるのは何点からだろう?

本記事では、こういった疑問を持たれている方に向けて解説していきます。

結論から言うと、

評価される点数 ◆履歴書で評価される点数は、600点~
◆ 役職昇格時に求められる点数は、700点~
TOEICの点数は…残念ながら自慢できません

具体的な内容について、紹介していきますね。

評価されるTOEICの点数

TOEICで評価される点数は、状況によっても変わってきます。
想定されるのは、この3つだと思います。

◆ 新入社員で入社する時
◆ 中途入社で入社する時
◆ 昇格する時

TOEICを運営するIIBCは、英語活用の実態調査を行っています。

そのアンケート結果から、会社が期待するTOEICの点数を確認することができます。

対象 期待する得点
新入社員 535点
中途社員 560点
技術部門 560点
営業部門 575点
海外部門 590点

 

海外部門を除けば、全て500点台になります。

新たに会社に入ってくる社員と言う事であれば、新入社員も中途社員も求められる点数は、大きく変わりません。

 

次に昇格時に求められるTOEICの点数です。
役職のレベルによっても変わりますが、450点~600点に入ります。
(一部、商社などで700点となっています。)

TOEICで700点取っておけば、間違いなく評価されるということになります。

新入社員に対して535点を求めるのに、役職者には450点~というのも不思議な感じがします。

今までは英語を求めてこなかったけれど、これからは英語の重要性が増しているという事の表れかもしれませんね。

実際、アンケートの中で82.6%の会社が、今後の重要なスキルとして英語を上げています。
詳細については、こちらの調査結果を参考にしてみて下さい。

参照元IIBCの英語活用実態調査


TOEICの点数は、残念ながら自慢できない

毎回TOEICのテストで点数の分布が発表されます。
実施会によってバラツキはありますが、だいたい600点前後です。

詳細は、IIBCのサイトを参照してみて下さい。

公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧|【公式】TOEIC Program|IIBC

この分布を見ると600点取れば、英語の実力が真ん中と思うかもしれません。

しかし、注意が必要です。
その考えは、間違っています。

なぜなら、英語を話せる人は、TOEICの試験を受けないからです。
TOEICの試験を受けている人は、英語学習をしている人の中での順位なのです。

TOEICのテストには、「公開テスト」と「IPテスト」の2種類があるのを知っていますか?

公開テストはTOEICを運営するIIBCが開催するテストです。
公式のテストなので、獲得した点数に対して公式の認定証が発行されます。
また、点数の分布が公表されます。

一方、IPテストは、学校や企業が職場で実施するテストです。
こちらは、一般には公表されません

公式の認定証がいらない人は、社内のIPテストで結果を確認する人も多いのです。

f:id:bee-dog:20210407130731p:plain

私は、650点で外資系企業に転職しました。
転職前は、周りから650点凄いねと褒められて気持ちよくなっていました。
転職後の会社は、ほとんどが800点以上でした。

 

既に英語使って仕事しているから、受ける必要もないという考えの人も多いです。

上には上がいるので、自慢しても意味がありません。
何点だったとしても、自慢は出来ないのかなと思います。

そもそもTOEICの点数を比べることはありません。
英語使って何ができるのか?ということが重要だからです。

TOEICは手段であって目的にしてはいけない

英語は、英語圏の人とコミュニケーションをする手段であって目的ではありません。

目標点数に到達した後に、何がしたいのかを考えておくことが重要です。

「海外支店に異動したい」「外資系企業に転職したい」など、その目的を持っていないと、せっかくの学習がもったいないことになってしまいます。

 

会社の入社や昇格時の節目で、英語力があるかどうかの評価対象にはなります。
しかし、普段の業務の中では、仕事の成果を上げることの方が重要です。

点数を自慢するだけの為にTOEICの勉強をするのであれば、本業を頑張った方が良いと思います。

 

また、TOEICは終わりのない試験です。
TOEICを教える先生になることが目標であれば、満点を目指しても良いと思います。
そうでなければ、目標点数を決めて区切りをつけることが必要です。

 

私の目標は、英語で顧客に提案を評価され、サービスを買ってもらうことです。

私は730点を獲得したら、実践で英語を使えるように英会話に移行しようと考えていました。10点足りていませんが、英会話を学習の中心に変えました。

目標に足りる点数まで獲得できたと思えば、最終目標に到達する為に次のステップに進むべきだと思います。

f:id:bee-dog:20210407131129j:plain

外資系企業は、TOEICの点数は高い点数が求められると聞いたことがありませんか?
同じ英語を話すのに、外資系企業の方が求められる点数が高くて、日系企業の方が求められる水準が低いのは変ですよね。
外資でも日系でも使う英語は同じはずです。
 

外資系の方が求められる水準が高いというのは、間違っていると思います。
TOEICは、英語のポテンシャルを見るための試験です。

外資系で実務レベルの英語力を求めるのなら、TOEICの点数ではなく、英語を使った職務経歴を聞かれます。

私も英語の実務はなくても、英語を話せる可能性があることで転職できたと思っています。

入社がゴールではないので、入社後も学習をしています。

履歴書の書き方が気になる方は、こちらの記事を参照してみて下さいね。
⇒ 外資系企業に転職経験にもとづいた履歴書へのTOEICの点数の書き方

TOEICの評価される点数まとめ

入社時や昇格時などの節目で、TOEICの点数は評価の1つとして使われます。
でも、それだけの為にTOEICの勉強するのはもったいないです。

せっかく勉強するのなら点数だけを追い求めず、英語を使って何をしたいかを考えてみましょう。

地道な努力が必要な英語ですが、身に付ければ自分の可能性を大きく広げることができます。

私も継続して勉強中です。
頑張っていきましょう。

 

英語の勉強を効率よくするのなら。すき間時間にも学習ができるスタディサプリが良いと思います。
⇒ TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

 

英語が苦手な方が最初に取り掛かると良い参考書をまとめているので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。
私は、3冊の参考書を終わらせてからスタディサプリに移りました。
⇒ 英語が苦手でもTOEICで500点を取る為におすすめの参考書

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

20年間勉強を続けている経験から解説、英語学習のモチベーション維持法

f:id:bee-dog:20210406120549p:plain

f:id:bee-dog:20210219154335j:plain

本記事では、英語学習のモチベーションを保つ方法について紹介していきます。
英語学習を継続して、目標を達成しましょう。

TOEICや英会話など、英語の勉強をすると決めたけれど、こんな悩みを持たれている方も多いと思います。

◆ 数日経つとモチベーションが下がってしまってサボりがち…。

◆ 仕事が忙しくて勉強がなかった。以前のようにモチベーションが上がらない…

 

英語は、短期間の学習で身に付けることができません。
年単位の学習が必要になります。
その期間、モチベーションを保ち続けるのは大変なことです。

 

本記事は、このような方に向けてモチベーションを維持する方法をご紹介します。

 

私自身は、社会人になって20年以上学習を続けています。
簿記3級の学習から始まり、簿記2級、中小企業診断士、事業再生アドバイザーなど、仕事に必要な資格を取得してきました。

英語学習も、もうすぐ10年になります。
英語学習の成果としてTOEICは350点から720点にあがり、外資系企業に転職することも出来ました。

 

仕事をしながらモチベーションを維持して、長年学習を続けるのにもノウハウがあります。
この記事では、そのモチベーション維持の方法について、ご紹介しますね。

 

英語だけでなく他にも応用可能なので、おすすめです。

モチベーションを保つために知っておいた方が良いこと

モチベーションのイメージをつかんでおくことが重要です。
モチベーションが下がる時は、次のような考え方になっていませんか?

f:id:bee-dog:20210406123107p:plain

でも、実際はそうではないんです。
苦痛の勉強がずっと続くわけではないというイメージを持って頂きたいと思います。

 

何かを始める時は、大きな丸い石を転がすイメージを持ってみて下さい。
最初は、動かすのが大変です。
でも、転がり始めたら簡単に動かせるようになります。

 

英語学習も同じで、最初に始める時は大変かもしれません。
私の感覚では、2ヵ月~3ヵ月ほどの期間だと思います。
でも、この期間さえ頑張れれば、後は楽に転がり始めます。
そこまでは、頑張ることが必要です。

 

何らかの理由で、途中で石が止まってしまう事があると思います。
でも、最初の3ヵ月を乗り越えられれば、同じノウハウを使って動かし始めることができます。

モチベーションを維持する方法

f:id:bee-dog:20210406190004j:plain

では、具体的なモチベーションの維持方法を紹介していきますね。

目標を持つこと

具体的な最終目標(長期目標)を持ちましょう。
英語の勉強をする理由は何ですか?

TOEICで700点取って外資系企業に転職したい

◆ 英会話をしてビジネスで英語を使いたい

どんな目標でも良いです。英語学習の結果、何をしたいのか具体的なイメージを持つことが大事です。

長期目標だけでなく短期の目標も必要です。
長期目標だけだと、目標までの距離が長すぎて、先に進めなくなります。
短期の目標も設定しましょう。

目標設定のコツは、この2つです。

目標設定のコツ◆ 目標は高すぎないものにして、毎日継続できるレベルに抑えること
◆ 目標に少し余裕を持たせて、挽回のチャンスを自分に与えること

 

日によっては、思うように学習できない時も必ずあります。
あまり高い目標は、達成できない時にモチベーションを下げてしまいます。

そんな時のために、挽回できるような目標にしておくことです。
例えば、「1日に英語の学習を2時間で1ヵ月に40時間する」としておけば、平日学習できなかった日があれば、休日に挽回できます。

記録を付けること

目標を立てることは出来ていても、記録を付ける人は少ないのではないでしょうか?

毎日の英語学習の時間をExcelなどで記録しておきましょう。
記録を付けておくと、過去の自分の成果が見えます。

目標を達成できていれば、学習してきたことが自信になりますし、「また頑張るぞ!」というモチベーションアップにつながります。

 

また、モチベーションが下がった時は、せっかく今までやってきたことを無駄にしてはいけないと、気持ちを奮い立たせることができます。

 

ダイエットや家計簿と同じように、記録を付けることが、とても重要です。
人から励まされることもモチベーションアップにつながりますが、過去の自分の成果は、自分のモチベーションを維持してくれます。

習慣化すること

英語学習を習慣化することでモチベーションに関係なく、毎日、英語学習に取り組むことができます。

とても忙しい日でも、歯は磨くし、お風呂は入りますよね。
人は、意識することなく知らず知らずのうちに、一日の行動のパターンを作っています。

例えば、こんな習慣はありませんか?

◆ 朝起きたら、カーテンを開けて、顔を洗ったら朝食を食べる
◆ ドラマを見た後にお風呂に入る

これをしたら、次に何をするというパターンがあると思います。
これが、習慣化された作業です。

この習慣化されたリズムに、英語学習を紛れ込ませていきます。
例えば、次のように変えます。

 

「顔を洗う⇒朝食を食べる」を「顔を洗う⇒英語学習をする⇒朝食を食べる」

 

「こんなの英語学習する分だけ早起きしないといけないし、大変じゃないか」と思うかもしれません。はい、その通りです。

 

最初にお伝えした、大きな丸い石の話を思い出してください。
大変なのは、最初だけです。習慣化されてしまえば、石は転がり続けます。

習慣化できるまでは、目標達成をモチベーションに頑張りましょう。
その後は、習慣化されて、学習のリズムが出来てきます。

英語学習の成果を確かめること

学習期間が長くなってくると、自分のやっていることが間違いではないかと心配になってきます。
この心配がモチベーションを下げる要因になってしまいます。

 

その為、定期的に英語学習の成果を確かめる場を考えましょう。
TOEICが目標であれば、定期的に試験を受けて実力を確かめる方法が良いです。

テストの結果でなくても大丈夫です。
英会話であれば、海外旅行に行って英語を話すことを試すことも考えられますね。

英語を学習してきた成果が見える場を考えてみましょう。

英語学習の合間に。リフレッシュの方法

f:id:bee-dog:20210406190129j:plain

ストイックに休むことなく毎日勉強できれば良いのですが、ほとんどの人にとっては難しいですよね。

短期集中勝負の資格試験であれば良いですが、英語の学習は期間が長いです。

 

私は、肩の力を抜いて学習した方が良いと思っています。
土日は、1ヵ月の目標を達成できるのなら、休みにしても良いと思います。

 

ただし、可能であれば休日にも英語に触れる方法を考えると良いと思います。
例えば、英語のWebサイトの記事を読むとか、話している言葉が聞き取れるか考えながら映画を字幕でみるなどです。

最近は、ネット環境さえあれば簡単に映画を楽しめるようになりました。
作品数が充実しているU-NEXTがおすすめです。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

学習ではないですが、少しでも英語に触れる方が英語に慣れるという意味でも重要です。

継続する為にアプリやオンライン英会話を使う

自己学習だけでは、なかなか継続できないという人は、アプリやオンライン英会話を利用するのも1つの方法です。

お金をかけたから無駄に出来ないというモチベーションにもつながります。

 

有料サービスは、学習を継続する為の工夫がされているので、結果として継続した学習をすることができます。

私は、スタディサプリのビジネス英語コースとオンライン英会話のBizmatesを利用しています。気になる方は、参考にしてみて下さい。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)
オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

 

英語を習得する為に、特別な能力は必要ありません。
地道にコツコツと努力すれば、必ず習得できます。

モチベーションが上がったり、下がったりしますが、焦らずじっくり頑張っていきましょう!

TOEICに関する情報は、こちらの記事も参考にして下さい。

Bizmates以外にも質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。